1、もっと自由に仕事をしたいと思っている人

大衆から批判されないことは、自由から遠ざかっているのと同じ

自由に生きたい。生きていることで一番大切なことは、自由だ!

アフィリエイト関係でそう言っている人は多い。私も自由を得たい。

だけど、自由に生きるならば、自由に生きられない大多数の人達を敵に回すのと同じである。

本気で自由を手にしたいと思うならば、敵に回す人の事をしっかりと確認しなければならない。

サラリーマンを想像してみよう。

会社の中で「自由になりたい」なんて言って行動してたら、周りの人間に叩かれる。

叩く側は、「組織で生きていくには、周りとの協調性が大事だ!」「会社の風紀が乱れる」

などというだろう。その本音は、

「お前だけ自由にいきるなんて許さない」「好きな事ばかりできて羨ましい」

こんな風に思っているだろう。

大衆の群れから飛びだし、新しい事を始めるという事は、多数の群れに足を引っ張られるのは当然の事なのだ。

しかし、群れから飛び出ししばらくすると、自分が見たことない景色が見えることにきっと驚くであろう。群れていたら出会えなかった自由人にも出会えて、これまでにない幸せが待っているからだ。

だが、群れから飛び出したとき、だれからも足を引っ張られなかったら、注意したほうがいい。

1回も壁にぶつからずに自由を獲得できるなんて存在しないのだから。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA