Web文章の基本

W
ebサイトの文章の存在価値

普段生活する中で、テレビ、新聞、雑誌、本、看板、メモ、スマホ、PCなどでいたるところで文字と遭遇します。

この文字の存在価値とは一体何なんでしょうか?

 

「何かしら伝えるため」

これですね。簡単です。文字や文章は、人間の「話す」に代わる身近な相手に伝える表現のツールです。ひと昔前まで、テレビや新聞、本などが文字を見る主体でしたが、現在はインターネットの出現、普及により、ブログ・SNSのようなサイトがたくさんできたおかげで誰でも簡単に文字の情報を手に入れることができます。

 

特に、仕事や商品に関係する「Webサイト」を持っている会社や個人企業は増え続けています。

企業でなくても個人でサイトを持っている人もいます。

ですが、サイトを持っていても「きちんと伝えたいことが伝わっている」のでしょうか?

きちんと伝えたい事が伝わっているサイトは検索され、上位に来ていますが、

伝えたいことが伝わっていない、サイトは検索順位も落ちて検索されなくなってしまいます。

その原因は何でしょうか?

 

原因の1つは文章です。

Webサイトを構成しているのは、写真や動画、広告などですが、一番の主体は文章です。

たくさん時間をかけたのに伝わっていない文章を書くのであれば、伝わる文章を書くのが、いいですよね。

 

インターネットの文章の書き方がある

今回からインターネットのビジネス向けの文章の書き方を自分なりに紹介していきたいと思います。

紙とは違い、インターネットというメディアに特化した文章はどうやって書いていくのか。

紙とインターネットの違いとは

  • 拡散される時間
  • 見るタイミング
  • 動的レイアウトと静的レイアウト

紙には紙の文章の書き方が存在し、インターネットにはインターネットの文章の書き方がぞんざいします。

インターネット専用の文章ならそのメディアの特性を理解した上で文章を書くことが重要です。

単に文字を打つだけではなく、

  • インターネットを主体としたライティングの知識やスキルの取得
  • 文章の目的やターゲットを明確にした書く準備が行える
  • 目的の文章が書ける

このようなことができて、「伝えたいことが伝わる」文章が書けるようになり、ユーザーが行動を起こしてくれることを目的としたことを書いていきます。

 

 

何をする文章なのか

それを考える

 

文章を書く前に準備する事

文章を書く前に準備することが大切です。

文章ができたけど「書いたことがまとまらない」「書いてみたけどちゃんと伝わっているのかわからない」といったことが発生している方がいますが、実はすべて文章を書く前の準備ができていないことがよくわからない文章を作り上げてしまう原因なのです。必要な準備として挙げられるのが次の2点。

1、何をする文章なのか

2、ターゲットは誰なのか

を考えた上で文章を作らないといけません。

何をする文書なのか

「なぜ、何のために、何を目的とした文章なのか」を意識した文章を意識しながら書くことで、比較的伝わる文章が書きやすくなります。伝わる文章ができることで、ユーザーからのアクセスなども期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA