馬の心を制御する方法#1ご挨拶

このシリーズでは、とある場所で馬の行動について書かれていた情報をうp主の独断の偏見と見解で意見および方法を述べていきます。

矛盾点も多々あると思いますが、ご了承ください。

シリーズを進めていくにあたって、うp主の紹介をしていきます。

うp主は農業高校に入り、馬術部に入った。そこで馬との触れ合いに感動し、高校卒業後にほとんど手のまわっていない馬牧場のバイトを行うことにした。そこで馬の暴力に振るわれ、どんどん馬が嫌いになっていくのであった。

なぜ、人に反抗したり従うようになるのか?うp主はその疑問を解くべく、牧場内の資料を見て回っていた。

ロバート・ミラー博士講演会

「馬の心を制御する方法」

1997年

馬術界では有名で、同氏は

刷り込みのプロセスとその教育が生まれたばかりの仔馬にどのような影響を与えるか長年研究している人物であった。

 

 

次回から本格的に内容に入っていくことにします。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA