カテゴリー: 馬術

馬の心を制御する方法#15馬の心を読む方法

こんにちは、早くかがさんに乗艦したいSazamiです。(4~5年先じゃないと無理)   今回は、馬の心を読む方法です。   ではいってみましょ(/・ω・)/   ミラー博士は、国際的に知られている馬の行動についての専門家であり、「生まれたばかりの仔馬の刷り込みトレーニング」を始め...

馬の心を制御する方法#14ホースマンシップ革命

こんにちは、眠気との戦いにことごとく敗れているSazamiです。   今回は、馬の心を制御する方法第2部:ホースマンシップ革命です。 たぶんつまらないです。   ではいってみましょ(/・ω・)/ ホースマンシップ革命   ミラー博士は、国際的に知られている馬の行動についての専門家...

馬の心を制御する方法#13まとめ:刷り込みトレーニングのステップ

こんにちは、Sazamiです。   今回は、刷り込みトレーニングのまとめのようなものになります。   ではいってみましょ(/・ω・)/   まとめ:刷り込みトレーニングのためのステップ 最初の刷り込みセッションは、理想的に言えば分娩直後に開始し、1時間ほど継続するのが好ましい。 ...

馬の心を制御する方法#12関係の強化

こんにちは、早く艦これをやりたくてうずうずしているSazamiです。   今回は、関係の強化です。どんないかがわしい関係なんでしょうね~   ではいってみましょ(/・ω・)/ 関係の強化 「刷り込みトレーニングは馬の個性を永続的に形成する唯一の機会を提供する」 私は、約20年前、生後1か月...

馬の心を制御する方法#11感受性の向上

こんにちは、春っていいですよね。Sazamiです。   今回は、感受性の向上です。   ではいってみましょ(/・ω・)/ 感受性の向上 恐怖を伴う刺激の感受性を低減した後、つまり仔馬にそれらの刺激に慣れさせた後は、特定の刺激に対する感受性を向上させる作業に入る。その目的は、条件反射を確立さ...

馬の心を制御する方法#10馬の個性を形成する早くて有効な方法

こんにちは、夜行性になって朝から昼まで寝ているSazamiです。   今回は、刷り込みトレーニングの手順です。いよいよ核心に迫るのか!!!   ではいってみましょ(/・ω・)/ 刷り込みトレーニングの手順 刷り込みトレーニングの初期のセッション(期間)は約1週間である。仔馬のへその緒が破断...

馬の心を制御する方法#9馬の個性を形成する早くて有効な方法

  こんにちは、最近麺ものしか食べていないSazamiです。 この記事は「馬の心を制御する方法(1997/10/6~11)」の資料をもとに作成しています。 基本的に原文のままですが、若干茶番が入ります。ご了承ください。 今回は、馬の個性を形成する早くて有効な方法です。   ではいってみまし...

馬の心を制御する方法#8避けるべき間違い

こんにちは、最近麺ものしか食べていないSazamiです。   今回は、避けるべき間違いです。いったいどんな間違いなのでしょうか?   ではいってみましょ(/・ω・)/   避けるべき間違い   1.不十分な馴化 人々が冒す最も一般的な間違いは、馴化を達成するための刺激の...

馬の心を制御する方法#7刷り込みを発見した経緯

  こんにちは、夏と青空が好きなSazamiです。   今回は、ミラー博士が刷り込みを発見した経緯です。 ではいってみましょ(/・ω・)/ ミラー博士は幼いころ、生まれたばかりの仔馬をもてあそんではいけない、と言われた。その後私はそのような考え方は北米のドグマ(教義)であることに...

馬の心を制御する方法#6感受性の強化・濃縮・服従の促進

(2017年9月に勝手に売り飛ばされて現在行方不明です) こんにちは、森友学園問題なんか早く終わらせて憲法の議論をしろって思っているSazamiです。   今回は、感受性の強化・濃縮・服従の促進です。服従かぁ・・・ 我々の業界ではご褒美です。 ではいってみましょ(/・ω・)/  ...

馬の心を制御する方法#5絆の形成

こんにちは、毎日のように寝坊しているSazamiです。 この記事は「馬の心を制御する方法(1997/10/6~11)」の資料をもとに作成しています。 基本的に原文のままですが、若干茶番が入ります。ご了承ください。 今回は、絆の形成です。何事にも絆は大切ですね。 ではいってみましょ(/・ω・)/ &n...

馬の心を制御する方法#4刷り込みトレーニングの概論

こんにちは、ビックマック炊き込みご飯を食べて見事、轟沈したSazamiです。   この記事は「馬の心を制御する方法(1997/10/6~11)」の資料をもとに作成しています。 基本的に原文のままですが、若干茶番が入ります。ご了承ください。 今回は、仔馬の刷り込みトレーニングの概論ということ...

馬の心を制御する方法#3トレーニング方法(続)

  こんにちは。いかがお過ごしでしょうか? 馬の心を制御する方法シリーズです。何かと更新をさぼってしまっているので、今回から資料原文のまま投稿します。ご了承ください。(時折、茶番は含まれます)   感受性の低減においては、仔馬の耳を撫で、脚を持ち上げ、たたく作業を行う。また、取扱...

馬の心を制御する方法#3トレーニング方法

『馬には生活に必要なことをすべて教え込むことが可能である』 手を掛ける馬に刷り込みトレーニングを行うことは、人にとっても馬にとっても有効なことが前回の記事でもわかったと思います。 今回は具体的にどのように刷り込みトレーニングを行えばいいのかをうp主の見解で書いていきます。ただし、今回の刷り込みトレー...

馬の心を制御する方法#2生涯にわたって影響するトレーニング

コンラッド・ローレンツは動物行動学の創始者として知られている。 動物行動学・・・比較動物的な手法を用いて人間の行動を研究する学問 同氏は鳥の研究を行った事でも有名。 1935年、ローレンツは生まれたばかりのカモのヒナとガチョウのヒナは実の親、又は里親の後を追うことを学習すると報告した。親からの視覚的...